一般に出回っているおやつでは工程で『ボイル(茹でる)』することがあり、ボイルを行なってから乾燥させると、工程中での腐敗の心配は少なく、さらに乾燥が手早く済むなどの生産者としてのメリットは多くありますが、ボイルをしてしまうと大切な栄養分やうま味までもがほとんど逃げてしまいます。特にお魚などの干物加工類では、海水や塩水で一度釜ゆでしたものを、再度、犬では塩分は厳禁のため、真水でゆで直ししているのが現状で、こういうものでは、正直なところ“空腹しのぎ”にはなりますが、栄養分はほとんどと言っていいほどありません。もちろん、当方ではこういったような栄養分を損なうボイルは一切していません。めまぐるしく変わる天候の変化や、特に春先に起こる『黄砂』や『花粉』の飛散、また湿度の変化からくる腐敗の心配にも細心の注意を払い、手間はかかりますがひとつひとつ生の状態から天日による自然乾燥加工をし、さらにスモークしくん製(一部の商品)にしております。そのため、季節や天候により仕上がりに違いが生じることもありますが品質に変わりはございません。その旨何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

≪Policy≫

(写真は『天然エゾ鹿肉』の製造工程を掲載しています)

トップページ   おにくのメニュー   おさかなのメニュー   ふりかけのメニュー

JERKYというものは、乾燥をさせる製造過程で原材料の4分の1から5分の1にまで質量が減ってしまいますので、内容量からするとその値段は決してお安いものではありません。しかし、人工的に原形をとどめないほどまでに加工された云わば“ジャンクフード”のようなおやつと、その製造のほとんどを自然の太陽と風に任せたおやつの、どちらが安全で愛犬のからだに優しいか、愛すべき家族の一員と考えるならば、今一度フードについてもじっくり考える時代に来ているのではないでしょうか。

長い目でのワンちゃんの健康をお考えいただければと思います。

市販のジャーキーではその多くで、小型犬の小さな口には大きすぎるようです。当店のものは、チワワからビーグルまで、小型犬用に小さくカットして作っています(「ラム・フレンチラックチョップ」を除く)。なので、ほとんどの小型犬で嫌がらずに食べることができ、また中〜大型犬でも老齢犬や歯の悪い子にも向いています。

量販品の中には、いくら『国産』の表記がされていても人間用に使えなかったものの“再利用”や廃牛や廃鶏、またはB級品や規定のゆるい飼料用、さらには製造こそ日本でしているものの実際の原材料は外国産だったり、『原材料』そのものがどの程度のレベルのものかわからないもの、生産者の顔そして生産者の責任が見えないものが多く出回っているのが実情です。近年フードで問題になっているように、米国産やカナダ産と称しながらその実は製造のすべてを中国に“丸投げ”し、結果、重篤な症状を示したり、死亡する例も多く報告されたりもしています。

逆に「こだわり」があるものでは「30g40g800円も!?」なんてとても高価なジャーキーだったりするわけで・・・。

私どもではそのような価格設定はせず、私自身が「これならフツーに買えるかな」と思えるような、できる限りリーズナブルな“ワンコイン”からの価格設定にしました。

だからといって素材にこだわってないわけではありません。産地はそのほとんどで『国産』のものを、ラム肉では『ニュージーランド産』を使用、それぞれ『精肉店』や『鮮魚店』など人が食べるための小売店や卸売業者から個別に仕入れ、またお野菜に関しては、有機JAS認定の一切農薬を使っていない特定農家から直接仕入れ、「100%安全です!!」と言い切れる『人が食べる食材のみ』『人が食べる食材以上のもの』にこだわっています。

スモーク材も山口県産のたいへん貴重な『無農薬・駆虫剤不使用の桜チップ』を使用しております。桜の木はご存じの通り非常に虫がつきやすいものであり、駆虫剤不使用にこだわるためにはその手間ひまは尋常なものではありません。

ただ、『おにくのメニュー』では九州各県産など細かく産地指定をしていないものも多くありますが、これは部位的に一頭からとれる量が少なく、同一産地では確保できる量が限られてしまい、そうなると販売価格の上昇へ直結してしまうため、あえて産地指定はせず仕入れています。『おさかなのメニュー』については「三崎漁港」「境港」など水揚げについて特定の漁港から現地鮮魚店を経由し仕入れ、「県内漁港」「市内漁港」については、特定県内または市内の、価格変動によりその時々で違う漁港から現地の鮮魚店を経由し仕入れをしています。もちろんB級品や飼料用などは一切使用しておりません。ですので、強めに燻して薫りづけをしつつも全く味付けや塩分等は使用しておりませんので、人では美味しく感じませんが、飼い主さまが食べても全く問題はありません

すべての商品が機械を使わないひとつひとつ手作り自家製』です。


クロノコのおやつ 大阪府大阪市西成区南津守3丁目1-41

大阪市動物取扱業登録証/登録番号 販売070209A取得
社団法人日本愛玩動物協会認定 一級愛玩動物飼養管理士
愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律
(ペットフード安全法) 届出済

でんわ 090-5132-9843   ファックス 06-6659-1730

パソコンメールアドレス kowanko_kowanko@yahoo.co.jp

仕入れ先一覧・・・丹波屋(大阪市西淀川区佃・牛肉類)、小林畜産・会津馬刺屋(福島県河沼郡会津坂下・馬肉類)、鳥栄商店(大阪市福島区中央卸売市場本場内・鶏肉類)、工房カワゴエ(北海道根室市酪陽・鹿肉類)、有限会社まきば(新潟県南魚沼市雷土新田・魚沼健康豚シリーズ)、有限会社マルマツ高橋(北海道函館市海岸町・鮮魚類)、嘉楽(北海道芽部郡鹿部町・鮮魚類)、外山商店(大阪市西成区玉出中・淡水鮮魚)、株式会社ホクセイ(山梨県中巨摩郡昭和町・淡水鮮魚)、マルホせいうん水産(鹿児島県阿久根市晴海町・鮮魚類)、安心農園やまの(鹿児島県熊毛郡屋久島町・秋ウコン)・・・ほか